「マンション管理士」勉強法のコツ。
大切な基礎固めは通信講座が効果的!

マンション管理士試験合格のための勉強法

マンション管理士試験に合格するための勉強法は?──誰もが知っている、そしてほとんどの人が実行しているのは、「通信」「通学」「独学」のうちのどれかでしょう。それぞれ長所・短所がありますが、自分が勉強することを考えて選んでください。

学生ならいざ知らず、社会人になると仕事優先は当たり前。残業や日曜出勤、出張の予定が入ることもしばしば。じっくり腰を落ち着けて勉強しなければ、法律知識が問われるマンション管理試験の合格は諦めなければならないかも知れません。初見の法律用語を学び、かつ確実に記憶すること。これが合格の秘訣です。

限られた時間を有効活用し、モチベーションを維持して最後までやり通すこと。そのためには、合格に導いてくれるカリキュラムも必要です。「通信」「通学」「独学」を比較すると、「通信」がベストな勉強法だとわかるでしょう。毎年11月に行われるマンション管理士試験に向けて、自由度の高いスケジューリングができるからです。

しかも、合格者を輩出しているカリキュラムがあり、最適なテキストや問題集が用意されています。「独学」では知りえない、マンション管理士試験の最新情報も届きます。過去の試験問題を分析し、傾向と対策を立てるのが有効な勉強法になります。

かつての「通信」に比べ、格段に進化したことがあります。それはインターネットの活用。添削指導や学習システムが充実し、一人で勉強するイメージがなくなりました。一緒に頑張る受講生の存在が意識でき、ライバル心が刺激されてやる気も湧いてきます。

「通信」は、マンション管理士試験の合格に最適な勉強です。インターネットのほか、DVDやCDなどの教材(メディア教材)のクオリティが良くなったことも、「通信」が選らばれるようになった要因です。高い評価を受けている「通信」(=通信講座)は受講生が着実に増え続け、合格実績も上昇。そんな通信講座(=通信教育)を選ぶことが合格への近道です。

マンション管理士という資格

マンション管理士試験はいつ、
どこで行われるのか?

マンション管理士試験の内容について

マンション管理士試験、
科目別の内容について

マンション管理士の勉強法を考える

マンション管理士合格のための勉強法

口コミで評判のいい通信講座

口コミで評判のいい通信講座(続き)

不動産関連資格の合格率&難易度

マンション管理士と管理業務主任者

 

Copyright © 2010 「マンション管理士」勉強法のコツ。 大切な基礎固めは通信講座が効果的! All rights reserved.