「マンション管理士」勉強法のコツ。
大切な基礎固めは通信講座が効果的!

マンション管理士試験の内容について

マンション管理士試験が行われるのは、毎年11月の最終日曜日。受験資格は特別なく、誰でも受験可能です。おおよそのスケジュールなど前述した通りですが、マンション管理士試験の内容とは、果たしてどんなものなのでしょうか?

【出題形式と出題数について】
マンション管理士試験は2時間で行われます。出題数は50問あり、すべて四肢択一マークシート方式です。

【合格基準について】
50問の出題で、満点は50点。その内の60~70%ぐらいが合格基準点になっています。

【試験科目について】
50問を四肢択一方式のマークシートで答え、60~70%の正解が合格基準点となるマンション管理士試験。試験科目は以下の4つの分野になります。
①マンション管理に関する法令及び、実務に関すること。
②管理組合の運営の円滑化に関すること。
③マンションの建物及び附属施設の構造及び設備に関すること。
④マンションの管理の適正化の推進に関する法律に関すること。

ここで、「試験科目」についてのポイントです。分野としては①~④の4つですが、その中でも“法令や法律に関する問い”と“運営・設備などの実務的な問い”があるのに着目してください。マンション管理士試験で多く出題されるのは、“法令や法律”に関すること。毎年、出題数は変わるものの、傾向として法令・法律関連は30問以上出題されています。その中でも①の分野に含まれる『区分所有法』の理解が重要です。

『区分所有法』は『マンション管理適正化法』(平成13年施行)以前から存在する法律。マンション購入者(区分所有者)が、互いに協力し、安心かつ穏やかな暮らしを守るために欠かせません。『マンション管理適正化法』のベースであり、マンション管理士試験における法令・法律関連問題の約半分を占めていると言われています。

資格試験に合格するには勉強法が肝心! 各自の「マンション管理士勉強法」は違って当然ですが、試験科目や問われる内容を考慮しなければなりません。法律に関しては初めて学ぶケースがほとんどでしょう。どんな勉強法がいいのか? 自分に合った勉強法は?──“マンション管理士は「通信」で”とよく聞くようになりました。

マンション管理士という資格

マンション管理士試験はいつ、
どこで行われるのか?

マンション管理士試験の内容について

マンション管理士試験、
科目別の内容について

マンション管理士の勉強法を考える

マンション管理士合格のための勉強法

口コミで評判のいい通信講座

口コミで評判のいい通信講座(続き)

不動産関連資格の合格率&難易度

マンション管理士と管理業務主任者

 

Copyright © 2010 「マンション管理士」勉強法のコツ。 大切な基礎固めは通信講座が効果的! All rights reserved.